大学病院の緩和ケアを考える会

トップページ

■代表世話人 挨拶 
 欧米の緩和ケアでは、医療者自身のケアが拡大し、根付きつつあります。そのキーワードは、マインドフルネスです。今に集中して生きる。過去に起こった問題を思い煩わず、起こっていない将来の不安に苛まれない。マサチューセッツ大学医学部のジョン・カバットジン教授が、うつ病などの精神科の患者や慢性疼痛を抱える患者に臨床応用しました。EBMに則った多くの論文を輩出し、世界に発信しています。わが国でも精神科の臨床に活用されていますが、医療者自身の心のケアとしても期待されています。
 豪州のモナシュ大学では、医療者が定期的にセルフケア、マインドフルネス研修を受講しています。今年2月に豪州メルボルンで日本人向け研修を企画し、実施しました。テーマは、「医療者の癒し、心のケア〜豪州セルフケア研修に学ぶ〜」。2年前に参加した豪州研修が素晴らしく、日本人の参加者を募っての旅でした。前回は、冬でしたが、今回は夏真っ盛りで、緑が美しく、花々が咲き乱れ、自然にも癒されました。研修施設の敷地内には、野生のカンガルーが群れ、朝夕の散歩では、愛くるしい姿を見せてくれました。食事は、施設内で収穫した野菜と果実のみで、身体の内面からの癒しもありました。

代表世話人 高宮有介

講師は、昨年の日本緩和医療学会で講演をお願いしたCraig Hassed先生。初心者にも分かり易いようにセルフケア、ストレスマネジメントの重要性と、その対応方法を講義して頂きました。様々なワークも取り入れ、医療者が納得できるように、EBMも示しつつの研修でした。
日本でも、このような研修の機会を持ちたいと考えています。日常から離れた場所として、葉山、山中湖、伊勢、熊野古道、美瑛、屋久島などが候補として挙がりました。場から癒され、自分自身を見つめる時間を持ち、医療者としての態度・行動を見直す機会でもあります。
 さて、今年の総会・研究会は、北里大学が主催です。同大学の集学的がん治療センター長の佐々木教授と共に、荻野世話人、近藤世話人が当番となり、鋭意準備をしております。荻野世話人は、神経内科医として、非がんである神経筋疾患の緩和ケアを推進してこられた専門家です。近藤世話人は、がん専門看護師として、臨床を第一線でけん引されてきた方で、多くのファンもおられます。テーマは、「地域包括ケア・多死時代に向けた緩和ケア〜大学病院として何をすべきか〜」です。2025年の高齢多死時代に向け、大学病院の役割を議論します。このテーマを皆様と語り合いたいと存じます。多くの方の参加を願っております。

 大学病院の緩和ケアを考える会 代表世話人 高宮有介(昭和大学医学部)

更新履歴

大学病院の緩和ケアを考える会

 「大学病院の緩和ケアを考える会」は、大学病院における緩和ケアの推進、および緩和ケア教育の確立を目的に1995年に設立されました。先進医療を行い、教育・研究機関である大学病院において、適切な緩和ケアの提供が必要であることは論を待ちません。その推進のために各大学が持ち回りで毎年当会の総会・研究会を開催しています。
 全国には80の大学医学部と医科大学があり、すべての医学生はそれらの附属病院で教育・研修を受けています。未来を担う医学生への緩和ケア教育を充実させることは急務です。当会では2004年に医学生向けのテキスト「臨床緩和ケア(青海社)」を刊行するとともに、教える側である教員のためのセミナーを毎年開催してきました。
 2007年4月にがん対策基本法が施行され、緩和ケアの重要性が注目されています。350施設のがん診療連携拠点病院が中心となり、全国の緩和ケアを拡大していく流れがあります。当会ではわが国の緩和ケアを推進するために、大学病院から発信していきます。

2008年6月 大学病院の緩和ケアを考える会
代表世話人 高宮有介
(昭和大学医学部 医学教育推進室)

お知らせ
ご連絡・お問合せ先

アイコン第3回医学生の緩和ケア教育のための授業実践大会ご案内を掲載しました

アイコン「臨床緩和ケア」改訂版好評発売中です。

〒142-8555 東京都品川区旗の台1-5-8
昭和大学医学部 医学教育推進室内
大学病院の緩和ケアを考える会 事務局
(患者様からの医療相談などには対応できません。御了解下さい。)

新着情報
2016年5月
2016年度の「総会研究会」と「医学生の緩和ケア教育のための授業実践大会」の情報を掲載しました。

2015年5月
2015年度の「総会研究会」と「医学生の緩和ケア教育のための授業実践大会」の情報を掲載しました。

2014年9月
総会研究会が終了しました。総会の写真とランチョンセミナーのパワーポイントを掲載しました。

2014年5月
2014年度の「総会研究会」と「医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー」の情報を掲載しました。

2013年5月
役員名簿に顧問を掲載しました。

2013年5月
2013年度の「総会研究会」と「医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー」の情報を掲載しました。

2013年2月

2013年2月
賛助会員募集要項を掲載しました。

2013年2月

2013年1月
2011年度のニューズレターを掲載しました。

2013年1月
会の経緯と活動内容のページに看護部会の「ナースによるナースのためのワンポイントレッスン」の開催履歴を掲載しました。

2012年12月

2012年11月
医学生の緩和ケア教育のための教員セミナーが終了いたしました。集合写真を掲載しておりますのでご覧ください。

2012年9月
会則が変更になり、細則が追加されました。ご確認ください。http://www.da-kanwa.org/kaisoku.html

2012年5月

2012年5月
2012年度の「総会研究会」と「医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー」の情報を掲載しました。

2012年4月

2012年4月

2011年11月

2011年9月

2011年5月
「第8回 医学生の緩和ケア教育のための教員セミナー」ご案内を掲載しました。

2009年5月

RSS